エコかBIOか

つくば

 

アトリエ まる のaoiです。

 

 

 

皆さんは、何か買い物の基準を持っていますか?

フランスで暮らしていた頃、
毎日どこかの通りや広場で
マルシェが開催されていました。

 

 

オーガニック専門店、専門マルシェもありますが、
普通のマルシェやお店でも
必ずオーガニック(BIO)のものが並んでいます。

マルシェだけではなく
スーパーマーケットでも同じ。

 

オーガニックは、身近な選択肢の一つなのです。

以前フランス人の友人(男性)Sと
一緒にマルシェに行った際、
「買い物の基準」の話になりました。

彼はなるべくオーガニックの商品を選ぶようにしているけれど、
あることについては疑問を持っているそう。

それは、
遠い国から運ばれて来ているオーガニック商品について。

「農薬を使わないで育てられた食材は魅力的だけど、
  たくさんエネルギーを使って運ばれて来てたらエコではないだろう?」

 

 

 

 

だから、
半径50キロ以内の生産者さんが育てている食材
ということにもこだわっているそうです。

もし、近くで育てられたオーガニック商品がなかったら、
その時はオーガニックに拘らずに
近くの生産者さんが育てたものを選んでいるそう。

(ただ、フランスの基準は
オーガニックではなくても、使用が許可されている農薬が少ないですが!)

 

 

エコかBIOか。

 

 

身近な生産者さんで自然栽培をされている方がいたら、
エコでBIO!
これが一番ではありますね。

 

つくばは、これが叶います。

 

毎週日曜の午前に、
山新で開催されているオーガニックファーマーズマーケットで!

 

 

 

毎月第一日曜は、
つくいちにもオーガニックな生産者さんたちが出店されていますね。

本当にありがたい!

 

未来にやさしい生産者さんたちから
直接お野菜や商品を購入できることも
つくばの大きな魅力です◎

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。